So-net無料ブログ作成

数量分析と社会学

数量分析は基本的に数学の分析法だが、文系の社会学研究においてもしばしば使用されている。

それは変数を使用するやり方である。

例えば、ある教科書の練習問題では、いくつかの変数を使い3つの分析方法を用いて検証を行っている。

第1の分析手法はロジスティック回帰分析である。ロジスティック回帰分析とは,従属変数が2値であるときのための回帰分析のことを指す。

つまり,従属変数が0か1の値をとるときに有効な回帰分析といえる。

この分析の前提は2つ挙げられる。第1には分散が一定であるという仮定が当てはまらないということ,第2には当てはめられた回帰係数は( 0, 1 )という許容範囲外の確率値になる可能性の2つである。




ネットワークビジネスをより確実に成功させる秘訣
やってはいけない!ネットワークビジネスの勧誘には注意!
本当に役に立たない?ネットワークビジネスのランキング
恐るべき罠を暴いた「ネットワークビジネス 9つの嘘」
ネットワークビジネスで化粧品を売る自信が無い!
ネットワークビジネスとは何か
ネットワークビジネスのニュースキンが新製品を発売!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。