So-net無料ブログ作成
検索選択

数量分析と社会学

数量分析は基本的に数学の分析法だが、文系の社会学研究においてもしばしば使用されている。

それは変数を使用するやり方である。

例えば、ある教科書の練習問題では、いくつかの変数を使い3つの分析方法を用いて検証を行っている。

第1の分析手法はロジスティック回帰分析である。ロジスティック回帰分析とは,従属変数が2値であるときのための回帰分析のことを指す。

つまり,従属変数が0か1の値をとるときに有効な回帰分析といえる。

この分析の前提は2つ挙げられる。第1には分散が一定であるという仮定が当てはまらないということ,第2には当てはめられた回帰係数は( 0, 1 )という許容範囲外の確率値になる可能性の2つである。




ネットワークビジネスをより確実に成功させる秘訣
やってはいけない!ネットワークビジネスの勧誘には注意!
本当に役に立たない?ネットワークビジネスのランキング
恐るべき罠を暴いた「ネットワークビジネス 9つの嘘」
ネットワークビジネスで化粧品を売る自信が無い!
ネットワークビジネスとは何か
ネットワークビジネスのニュースキンが新製品を発売!


役割分業意識の違い

今回の記事は性別役割分業意識における意識の相違についての調査の結果である。


妻の性別役割分業意識が夫の家事参加に影響を与えるという仮説である。


妻の性別役割分業意識が伝統的であると,夫の家事参加は減少するということが考えられる。


ここから,何人かの研究者はいくつかの有力な仮説を構築するに至っている。

さらに,仮説を裏付ける研究としては稲葉( 1996 )があり,ここでは大企業に勤める夫は家事参加が増加することが指摘されている。


以上の仮説は概念間のフローチャートとしてまとめられており、研究者の間ではそれなりに知られるようになってきている。






在庫を抱えてしまうネットワークビジネスの問題を解決するには
ネットワークビジネスで人生をが狂った!その2大被害
友人がお金に見えてしまう!?ネットワークビジネスの弊害と苦痛
なぜハーバライフはネットビジネス界で悪評を受けたのか
ネットワークビジネス成功しても、組織が崩壊したら・・・
ネットワークビジネスの商品の流出が止まらない!会社もまた被害者?
ネットワークビジネスの被害である借金を抱える原因は
ネットワークビジネスに成功できない身内がいたら

行動の考察について

夫婦間における行動や家事参加などについては、これまでも様々な研究がなされてきた。


出産行動の早い夫婦と遅い夫婦の両方においても影響を及ぼしているかについても検証されている。


出産行動の時期の違いについては,28歳未満で第1子を出産している場合を早期出産グループとし,28歳以上で第1子を出産している場合を晩期出産グループと定義し比較を行った。


検証の結果,どちらの出産グループでも,夫の労働時間が妻よりも短い場合,幼い子どもがいる場合,夫婦の性別役割意識が弱い場合,妻の収入が夫に比べて多い場合に夫の家事参加は増加しているということが明らかになってきている。




「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 誰でも簡単に出来るの?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 世界中の人達が見込み客?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 セールスなの?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 ABCでリクルートって?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 商品がすごい?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 業績を伸ばしている会社だから安心?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 組織が勝手に構築される?ノルマがない?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 早く参加すれば有利?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 成功するにはそう信じればいいの?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。